/

アルゼンチン沿岸警備隊、中国漁船を撃沈 「EEZで違法操業」

【サンパウロ=宮本英威】アルゼンチンの沿岸警備隊は15日、排他的経済水域(EEZ)で違法に操業した中国漁船に対し射撃し、沈没させたと発表した。船員らは救助され、死者は出なかった。

沿岸警備隊は14日、同国南部の沿岸をレーダー監視中に中国船を発見。スペイン語や英語で停船を呼びかけたが公海に向かって逃走したため威嚇射撃した。さらに、沿岸警備隊の船に体当たりしようとするなどの危険な行為があったため、沈没させたとしている。

アルゼンチン沿岸では違法操業が以前から問題になっていたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン