米国防副長官、普天間移設の重要性確認 防衛次官と会談

2015/9/16付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】ワーク米国防副長官は15日、ワシントン郊外の国防総省で西正典防衛次官と会談した。国防総省によると、ワーク氏は米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の代替施設の建設が米軍再編に向けた「極めて重要な一歩」であることを再確認した。また両氏は4月に改定した日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の実行に引き続き取り組むことで一致した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]