/

この記事は会員限定です

FRB、資産縮小決定へ 19日からFOMC

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は19~20日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、量的金融緩和で膨らんだ保有資産の縮小開始を決める見込みだ。2008年のリーマン・ショック以降に踏み切った金融危機対応は、完全終結に向かう。市場には利上げと二重の引き締め圧力がかかるが、米国債などを段階的に圧縮することで、動揺を最小限にとどめる。

FRBは7月の前回会合後の声明で、保有資産の縮小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン