/

中国で英旅行客ら20人拘束 「テロ映像」見た容疑か

【北京=共同】AP通信によると、中国内モンゴル自治区オルドスで15日までに、英国、南アフリカ、インドの外国人旅行者計20人が当局に拘束された。滞在していたホテルの部屋で「テロを宣伝する映像」を見ていたのが理由というが、詳細は不明。

内訳は南アフリカ人10人、英国人9人、インド人1人で、10日にオルドスの空港で拘束されたという。グループのうち9人は問題とされた映像を見た疑いで拘束が続く見通し。残るメンバーのうち、少なくとも6人が既に釈放され、強制退去処分となったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン