/

この記事は会員限定です

プーチン政権内、権力闘争激化か 経済発展相を拘束

[有料会員限定]

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン政権内でリベラル派のメドベージェフ首相と治安機関出身者で構成する保守派との権力闘争が激化しているとの見方が広がっている。14日にはメドベージェフ氏に近いウリュカエフ経済発展相が連邦捜査委員会に収賄容疑で拘束され、15日に刑事訴追された。プーチン氏の後継争いも背景にあるとみられ、両勢力のバランスをとってきたプーチン氏の判断が注目される。

捜査当局の発表によると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン