/

タイ軍病院爆破で男逮捕

【バンコク=共同】タイの首都バンコクの軍病院で5月22日に爆弾が爆発して市民ら20人以上が負傷した事件で、軍当局は15日、事件に関与したとして62歳の男を逮捕した。プラウィット副首相兼国防相が明らかにした。同事件での逮捕者は初めて。

軍当局によると、バンコク市内の男の自宅からは、作りかけの爆弾や材料などが見つかった。男は電気技師で、調べに対し、軍事政権に敵意を持っていたと容疑を認めているという。

当局は男の他にも事件に関わった人物が複数いるとみて捜査を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン