/

音楽のデジタル販売が初めてCD上回る 14年世界市場

【ニューヨーク=清水石珠実】世界の音楽ソフト販売でインターネットなどを通じたデジタル販売が、CDやレコードなどの売上高を2014年に初めて通年で上回ったことが分かった。国際レコード産業連盟(IFPI)が14日、明らかにした。14年のデジタル販売の売上高は前年比7%増の68億5千万ドル(約8170億円)。CDやレコードなどの売上高は同8%減の68億2千万ドルだった。

デジタル販売の売り上げ増をけん引したのは、定額聴き放題の音楽サービスの普及。14年は4割近く伸びた。欧米では、欧州発の「スポティファイ」や米アップル傘下の「ビーツ・ミュージック」などが若者を中心に人気を集めている。月額10ドル程度で聴き放題になる点が受けている。

デジタル販売の売上高の内訳をみると、依然としてアップルの「iTunes(アイチューンズ)」のような楽曲単位で購入するダウンロード型が5割超を占める。ただ前年比で8%減と縮小傾向にある。

14年の世界の音楽ソフト市場全体の売上高は0.4%減の149億7千万ドルと、13年の同4%減よりもマイナス幅が縮小した。一方、日本の音楽ソフト販売は14年に同6%減少した。定額聴き放題サービスの普及が遅れている日本では、CDやレコード販売が全体の8割近くを占めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン