エボラ熱、米で感染2人目か 病院関係者が陽性反応

2014/10/15付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】米南部テキサス州の保健当局は15日、同州ダラスの病院の医療従事者で新たにエボラ出血熱の陽性反応が出たと発表した。8日に同病院で死亡したリベリア人男性を診ていた。感染が確認されれば、米国内での感染者は12日に明らかになった同じ病院の女性看護師に続く2人目となる。

医療従事者は14日に発熱し、ただちに病院で隔離された。同日深夜に予備検査で陽性反応が出たため、米疾病対策センター(CDC)が確認検査を進めている。

ロイター通信によると、陽性反応が出た医療従事者は症状が出た前日の13日、オハイオ州クリーブランドからテキサス州ダラス行きの飛行機に搭乗していた。同機には132人の乗客が乗っていたという。

AP通信によると、死亡したリベリア人男性は、当初数時間は隔離されていない緊急治療室で治療を受けていた。また数日間は防護服がなく、服の開口部をテープでふさいで対応していたという。

オバマ米大統領は15日、英国、ドイツ、フランス、イタリアの首脳とビデオ会議を開き、エボラ熱対策について協議する。感染が広がる西アフリカだけでなく、米国やスペインで感染者が見つかったことで先進国でもエボラ熱に対する不安が高まっている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]