/

人気女性歌手、出演取りやめ トランプ氏就任コンサート

【ロサンゼルス=共同】トランプ次期米大統領の19日の就任コンサートに出演が決まっていた人気歌手ジェニファー・ホリデイさんが14日、ファンの猛反対を受け、一転して出演を取りやめると発表、ファンに謝罪した。欧米メディアが報じた。トランプ氏の就任コンサートを巡っては、多くの有名歌手の出演拒否が報じられている。

ホリデイさんは1980年代にブロードウェーのミュージカル「ドリームガールズ」で大人気を博した。出演が報じられた後、特に性的少数者(LGBT)のファンから多くの反対の声が上がったといい、「歴史的に重大な時に全ての米国人に影響する問題への考慮が足りず、ファンを落胆させた判断の誤りを深く謝罪します」とコメントした。

トランプ氏自身はLGBTを受け入れる考えを示しているが、次期副大統領ペンス氏は強硬姿勢で知られる。

ホリデイさんは大統領選では民主党のクリントン候補を支持していた。出演を引き受けたのは「分断された米国を一つにしたい」との思いからだったというが「出演がトランプ氏やペンス氏を支持していると受け取られることまで考えが及ばなかった」と述べた。

就任コンサートにはカントリー歌手のトビー・キースさんやロックバンド「3ドアーズ・ダウン」の出演が決まっているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン