韓国大統領、70年談話に一定の評価 「謝罪と反省、明確」

2015/8/15付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=加藤宏一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日、ソウル市内で開いた日本の植民地支配からの解放記念日「光復節」の式典で演説し、前日の安倍晋三首相の戦後70年談話について一定の評価をした。

物足りない部分が少なくないとしながらも、「日本の侵略と植民地支配がアジアの様々な国の国民や(従軍)慰安婦の被害者らに苦痛を与えたことに謝罪と反省を根幹にした歴代内閣の立場が今後も揺るがないと国際社会にはっきり明らかにした点に注目している」と語った。

朴大統領はさらに「歴代内閣の歴史認識を継承するという公言を一貫した誠意ある行動を支えに隣国や国際社会の信頼を得るべきだ」とした上で、「慰安婦問題を速やかに適切に解決することを望む」と従来の立場を強調した。

一方で、日韓関係については「困難は多いが、正しい歴史認識を土台に新しい未来に共に進むべき時だ」とも訴えた。

北朝鮮については「核開発を継続し、サイバー攻撃を敢行し、韓国と国際社会の安保を脅かしている」と批判。さらに南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)で不法に地雷を埋設したとして批判し、「どのような挑発にも断固対応する」と強調した。また、朝鮮戦争で生き別れになった離散家族問題は「理念が対立しても人道的な見地から解決策を探さなければならない」と述べ、対応を急ぐ方針を強調した。

朴大統領の演説は約25分間。内容の多くを北朝鮮に当て、日本への言及は昨年とほぼ同じ分量だった。このほか、産業の高度化を目指した朴大統領の経済政策「創造経済」を推進する方針などを強調した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]