/

香港の高等法院、民主派議員4人の資格剥奪を決定

【香港=粟井康夫】香港の高等法院(高裁)は14日、民主派の立法会(議会)議員ら4人の議員資格を剥奪するとの判断を下した。就任宣誓で民主化への決意を付け加えるなど、法定通りに宣誓文を読まなかったため。昨年9月の立法会選後、議員資格を失うのは合計6人となる。親中国派の議会での主導権が強まる可能性がある。

議員資格を失ったのは梁国雄、羅冠聡、劉小麗、姚松炎の4氏で、昨年10月の宣誓日にさかのぼって資格を取り消す。4議員は上訴する方針だ。

中国の全国人民代表大会(全人代、国会)常務委員会は昨年11月、中国からの独立を志向する本土派の新政党「青年新政」の2議員の資格を剥奪するため、規定通りでない宣誓を故意にした場合は「宣誓は無効で、直ちに公職資格を失う」との判断を下した。香港の裁判所は全人代の法解釈に拘束される。

香港政府の梁振英行政長官(当時)は全人代の法解釈を受けて、急進民主派の梁氏ら4議員についても資格剥奪を求める訴訟を起こしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン