/

この記事は会員限定です

農薬・種子3極時代に 独バイエルが米大手買収

[有料会員限定]

【ロンドン=加藤貴行、シカゴ=稲井創一】独バイエルによる米モンサントの買収合意で、世界の農薬・種子業界は欧・米・中国企業による「三極体制」に入る。人口増による食糧需要が増える中、巨大企業による農業生産を支える市場を巡るメガ競争時代の到来だ。新たに中国企業を主要プレーヤーに迎えた世界の農薬・種子業界は、それぞれの強みを生かして市場開拓を加速させる。

2000年始めに確立した農薬・種子業界の「ビッグ6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン