/

この記事は会員限定です

中国人民銀次期総裁、湖北省トップら候補に

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁の後継レースが最終盤を迎えた。周氏はすでに在任14年を超え、来年3月までに退任するのが確実。後任には湖北省トップの蒋超良書記が急浮上。銀行監督当局トップの郭樹清氏、証券監督当局トップの劉士余氏らも取り沙汰される。10月の共産党大会で注目される、中央規律検査委員会トップの王岐山氏の去就とも絡む。

「人民銀総裁は蒋超良」。中国のSNS(交流サイト)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン