/

この記事は会員限定です

天津爆発、世界4位の港まひ 工場や店舗停止

[有料会員限定]

【北京=阿部哲也】中国・天津市の港湾部で12日に起きた爆発事故が、物流や生産など企業活動に深刻な悪影響を及ぼし始めた。港湾施設は機能がほぼ止まり、進出各社の事業所や倉庫施設も復旧がままならない状況だ。天津港のマヒ状態が長引けば、生産の停滞や輸出の減少という形で中国経済の足を引っ張りかねない。

12日夜の事故発生から2日たったが、付近一帯は現在も警察や消防車両が陣取り、完全閉鎖が続く。「有毒物質が流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン