70年談話「独自の新たな謝罪は示さず」 欧州でも報道相次ぐ

2015/8/14付
保存
共有
印刷
その他

英ロイター通信は安倍首相が過去の「村山談話」や「小泉談話」を念頭に「繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」と述べたことに関して、「彼自身の新しいおわびは表明しなかった」と報じた。

英国放送協会(BBC)は、安倍首相が過去の政権の謝罪を支持したものの、独自の新たな謝罪は示さなかったと指摘。安倍首相は地域の重要な同盟国である中国と韓国の怒りを買わないようにすると同時に、度重なる謝罪の要求にいら立ちを感じている国内のナショナリスティックな声にも配慮する必要があったと報じた。

仏AFP通信は「痛惜の念を表すとともに、永劫(えいごう)の哀悼の誠をささげます」の部分を仏訳して報じ、談話の内容と表現にはアジアの近隣諸国が注目していたなどと解説した。また安倍首相が、将来の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならないと語ったことも伝えた。

ドイツメディアも速報した。DPA通信は中国と韓国が談話の内容に関心を示していたと指摘した上で、安倍首相が「(談話で)繰り返し謝罪した」と伝えた。ただ将来も謝罪を続けるかどうかが曖昧になっていることや、歴史の真相究明が遅れていることを指摘する記事もあった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]