/

この記事は会員限定です

英EU離脱、試練の2年 分担金や通商譲らず

[有料会員限定]

【ブリュッセル=森本学、ロンドン=小滝麻理子】英国のメイ首相は14日、議会で「3月末までに欧州連合(EU)に離脱を通知し、議会に報告する」と明言した。英議会が13日にEU離脱通知に関する法案を可決し、英政権がEUと正式に交渉入りする条件が整った。だが英国が過去に約束した分担金の扱いなどを巡り、EUとの交渉は序盤から難航しそうだ。

メイ首相にEU離脱通知の権限を与える法案はエリザベス女王の裁可を経て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン