/

中国、米艦船の派遣検討に反発

【北京=島田学】中国政府は南シナ海への米海軍艦船などの派遣検討に反発を強めている。中国外務省の華春瑩副報道局長は14日の記者会見で、中国が南沙諸島の領有権を持つと主張したうえで「中国には、国家安全を脅かす事態や空と海での偶発的な事件を防ぐため、関係する空・海域を管理する権利がある」と強調した。

米側は中国に南シナ海海域での航行の自由を確保するよう要求している。中国側は航行の自由を妨げないとしつつ、「外国の軍艦や軍機が、他国の領空と領海を自由に出入りできるという意味ではない」(中国外務省)とけん制している。

中国が埋め立てを進める南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島の近海では、付近を航行していた米海軍艦船が中国艦船から追跡されたとの情報がある。華氏は14日の記者会見で事実関係を否定せず「米中両軍で協議してほしい」と述べるにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン