2019年1月24日(木)

容疑者、襲撃の同性愛者クラブ常連か フロリダ銃乱射
米メディア報道

2016/6/15 0:38
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】複数の米メディアは13日、フロリダ州の銃乱射事件のオマル・マティーン容疑者(29)は、襲撃した同性愛者が集まるナイトクラブの常連客だったと報じた。客の一人は少なくとも十数回は容疑者を店内で目撃したとして「彼はよく店の隅で飲み、大声でけんか腰のときもあった」と話した。

同性愛者向けの出会い系アプリで容疑者とやりとりしたことがあるとの証言もある。

容疑者の父親は米メディアに対し、数カ月前に男性同士がキスするのを容疑者が目撃し激高していたと語っていた。ただ、容疑者の元妻の関係者によると、容疑者の父は元妻に対し、容疑者はゲイだと話したという。

容疑者の父は事件の翌13日、フェイスブックに「同性愛は神が罰する」と投稿。同性愛を禁じるイスラム教の教えを説き、容疑者自身が同性愛者を殺害すべきではなかったと主張した。

過激派組織「イスラム国」(IS)は13日、運営するラジオ局で「米国にいるカリフ国(IS)の兵士の一人、オマル・マティーン」が「不潔な十字軍」を攻撃したと犯行声明を出していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報