/

この記事は会員限定です

反ドーピング機関にロシアのハッカー攻撃

五輪選手情報が流出

[有料会員限定]

世界反ドーピング機関(WADA)は13日、ロシアのハッカー集団のサイバー攻撃により、リオデジャネイロ五輪に関わる選手の機密データがインターネット上に流出したと発表した。ロイター通信によると、米政府はハッカー集団とロシア政府との関連を示す証拠があるとして調査に着手した。

WADAは情報が漏れた選手名を明らかにしていない。報道によると、リオ五輪の体操女子で4つの金メダルを獲得した米国のシモーン・バイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン