2018年12月15日(土)

その他スポーツ

米ランニングブームに陰り 若者が競争を敬遠?

2016/5/14 11:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=芦塚智子】米国のランニングブームに陰りが出ている。民間団体「ランニングUSA」によると、1990年代から増えていたマラソン大会などの完走者は2014、15年と2年連続で減少し、特に15年は延べ約1711万人と前年より9%落ち込んだ。18~34歳の「レース離れ」が主な原因とみられる。

マラソン大会などの完走者は13年の約1900万人をピークに減少。18~34歳のランナーが全体に占める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【エンゲルベルク(スイス)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は14日、スイスのエンゲルベルクで個人第6戦(ヒルサイズ=HS140メートル)の予選が行われ、日本勢は開幕5戦 …続き (9:08)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は14日、フランスのプレマノンで個人第4戦(ヒルサイズ=HS90メートル)の予選が行われ、平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)は87メートル …続き (8:30)

新シーズンへ向けて練習を公開した錦織圭(14日、米フロリダ州ブラデントン)=共同

 【ブラデントン(米フロリダ州)=共同】男子テニスの錦織圭(日清食品)が14日、拠点とする米フロリダ州ブラデントンのIMGアカデミーで練習を公開し、年末から始まる新シーズンに向けて「大きな大会で優勝し …続き (8:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]