/

この記事は会員限定です

米中主導で途上国譲歩 COP20、温暖化ガス目標づくり

[有料会員限定]

【リマ=川合智之】ペルーの首都リマで開かれていた第20回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP20)が薄氷を踏む展開で14日、合意に達した。米国と中国が温暖化対策で足並みをそろえ、一部の途上国の歩み寄りを引き出したためだ。ほぼ1年後にパリで開くCOP21に向け「すべての国が参加する」枠組みづくりが動き出す。改めて問われるのは各国の対策の実効性だ。

会期を2日間延長して現地時間14日未明(日本時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン