/

フェイスブック、欧米メディアの記事掲載 9社と連携

【シリコンバレー=兼松雄一郎、ロンドン=黄田和宏】米フェイスブックは13日、自社のサービス上に有力メディアの記事を直接掲載するサービスを始めたと発表した。関連した広告収入はメディアと分け合う。米ニューヨーク・タイムズ紙、英国放送協会(BBC)など欧米の有力メディア9社と連携する。既存メディアとの共存共栄をめざし、収益基盤を拡大する狙いだ。

独誌シュピーゲルや英紙ガーディアン、米NBC、米ナショナル・ジオグラフィックなども記事の掲載を始めた。

フェイスブック上で提携したメディアの記事を全文掲載する。これまでは投稿された記事はメディアのウェブサイトに接続しなければ閲覧できず、その間に平均8秒かかっていた。動画や写真を含む情報量の多い記事を読んだり、通信環境が悪かったりする場合には待ち時間が長くなり、読者を逃がすことも少なくなかった。

新サービスによりスマートフォン(スマホ)などで記事を開く時間を従来の10分の1以下に短縮できるという。

自社サイトへの接続件数がウェブ広告収入の基盤になる既存のメディアにとっては一長一短ありそうだ。自社サイトの接続件数が伸び悩む可能性は残るが、フェイスブックから一定割合の広告収入が分配されることで収益拡大の機会を増やすことができる。

またメディアはフェイスブック上の記事に独自の広告を掲載でき、フェイスブックが強いスマホやタブレット向けの広告を強化できる。読者がどの記事・広告を読んだのかの情報もフェイスブックとの間で共有する。

フェイスブックは記事がネット上に流通する際の基盤の一つを提供することで、自社サービスの広告媒体の価値を高める狙いがある。一方で、メディアの間では記事などの情報の流通をフェイスブックに奪われることへの警戒感も根強い。同社は「メディアが記事の内容やブランド、収益モデルを管理できるようにする」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン