2019年6月17日(月)

ユーロ圏ゼロ成長 4~6月GDP、独経済が減速

2014/8/14付
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=御調昌邦】欧州連合(EU)統計局は14日、ユーロ圏18カ国の4~6月期の域内総生産(GDP)が前期に比べ物価の影響を除いた実質で横ばいだったと発表した。ドイツ、イタリアがマイナス成長を記録し、フランスもゼロ成長だった。ロシアとの経済関係が冷え込んでおり、景気の先行きも不透明感が強まっている。

EU統計局によると、ユーロ圏は年率では前期比で0.2%増だった。ユーロ圏では債務危機の沈静化を受け、昨年4~6月期から1年間プラス成長が続いていたが、景気の勢いは再び弱まっている。

ユーロ圏で最大の経済規模を持ち、域内の景気をけん引してきたドイツは5四半期ぶりのマイナス成長。1~3月期のGDPが暖冬の影響で0.7%増と高成長となった反動もあるが、ウクライナ問題を巡るロシアとの対立を受け、企業の景況感が悪化していることも影響したもようだ。

フランスは2期連続で横ばい。同国は景気回復が遅れており、企業などの設備投資が減少したことが全体を押し下げた。イタリアは前期比0.2%減。2期連続のマイナス成長となり、再び景気後退期に入った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報