/

アマゾンが格安で決済支援 レジ不要の端末発売

米アマゾン・ドット・コムは13日、中小の小売店向けに決済支援サービスを始めると発表した。スマートフォン(スマホ)などの携帯端末につけることで、レジスターが不要になる小型端末を発売した。小売店が負担する手数料は業界最低水準の2.5%とした。

ネットだけでなく実店舗の購買情報も集める狙い。10月末までに登録すれば手数料は来年いっぱいは1.75%とする。スマホやタブレット(多機能携帯端末)につけてクレジットカードなどを読み取る小型端末の価格は10ドル(約千円)だが、実際に利用すればその分は手数料から差し引く。

サービスはアマゾンの端末に加え、米アップルなど他社端末でも使える。顧客の購買行動を分析できる機能もつけた。さらに24時間対応の顧客窓口で、小売店がサービスを使いこなせるように助言する。決済代金は一営業日以内に小売店側の指定口座に振り込まれる。

アマゾンの参入により、手数料2.7%の米決済大手ペイパルや、2.75%の米決済ベンチャー、スクエアなどとの競合が激化し、手数料の引き下げ合戦がさらに進みそうだ。米フェイスブックもペイパルのトップを引き抜き、決済関連サービスを開発しているほか、米アップルもVISAとの提携交渉が取り沙汰されている。

(シリコンバレー=兼松雄一郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン