イタリア大統領辞任へ 高齢理由に

2015/1/13付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=原克彦】イタリアのレンツィ首相は13日、ナポリターノ大統領(89)が高齢を理由に同日中にも辞任することを明らかにした。ANSA通信などによると、正式な退任の手続きは14日に行う見通し。大統領は議会解散権や首相指名権を持つ。国会議員と全国の州代表による後任選出が難航すれば、新たな政情不安の火種になる可能性もある。

同大統領は2006年に就任した。13年4月には任期満了を控えて後任選びが行われたが、同年2月の総選挙後に生じた政治空白の余波で空転。ナポリターノ氏が中道左派と中道右派による大連立政権の発足を条件に、再選されることに同意した経緯がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]