/

中国メディア「領土譲らず」 南シナ海仲裁判決に批判一色

【北京=永井央紀】南シナ海問題をめぐる仲裁裁判で中国の主張を全面的に否定する判決が出てから一夜明けた13日、中国はメディアによる判決への批判を続けた。共産党機関紙、人民日報は同日付1面に「領土主権と海洋権益を守る決意は揺るがない」と題した評論記事を掲載。「中国政府と人民は判決に断固反対し、受け入れない」とし、「我々の領土は一寸たりとも譲らない。必要なあらゆる措置をとる」と強調した。

同じ面には12日に発表した政府声明と外務省声明も掲載し、習近平国家主席と李克強首相がそれぞれトゥスク欧州連合(EU)大統領に南シナ海の立場を訴えた記事を並べた。1面の半分以上が南シナ海に関わる記事で埋まった。

軍機関紙の解放軍報(電子版)は「この仲裁裁判は中国の領土を奪えるのか? あり得ない! 何の影響も受けない」と主張。「強権と操作の臭いに満ちた違法茶番劇は人には言えないどんな目的を果たしたのか」との表現で、判決の正当性を否定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン