/

南シナ海仲裁判決、香港英字紙「天安門事件以来の外交的打撃」

【香港=粟井康夫】南シナ海をめぐる中国の主張を否定したハーグの仲裁裁判所の判決について、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは13日付の1面トップで「北京政府の主張に巨大な打撃」と報じた。同記事は「中国にとっては、ほぼすべての論点で敗れた屈辱的な敗北だ」と指摘。「(天安門事件が起きた)1989年以来最大の外交的打撃だ」とする専門家のコメントも紹介した。

民主派寄りの有力紙、蘋果日報(アップル・デイリー)も「中国の南シナ海での主権が否決された」と伝え、「中国が仲裁の順守を拒絶すれば、国際的なイメージを損なう可能性がある」との解説記事を掲載した。

一方、親中国派の各紙は「中国は仲裁を受け入れない」(大公報)、「仲裁は茶番劇。中国は拒否する」(文匯報)など中国政府の主張を中心に報じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン