/

中国9月輸入20%減、生産下振れ鮮明 輸出は3カ月連続減

(更新)

【北京=大越匡洋】中国の国内需要の鈍化が鮮明になった。中国税関総署が13日発表した9月の貿易統計によると、米ドルベースの輸入は前年同月比20.4%減と、2割を超える落ち込みとなった。原油などの資源価格の下落も輸入額を押し下げた。輸出は3.7%減と3カ月連続で前年水準を下回り、中国景気の下振れ圧力はなお強い。

1~9月の累計でも輸入は前年同期比15.3%減となった。原油や石炭、鉄鉱石などの資源価格の下落が輸入額を大きく落ち込ませているのに加え、鋼材や自動車関連部品、液晶パネルなどの輸入も減るなど国内生産の鈍化が響いた。資源国だけでなく、日本の輸出企業への影響も大きい。

1~9月累計の輸出は1.9%減に沈んだ。輸出と輸入を合わせた貿易額は8.1%減り、中国政府が今年の貿易額の伸びの目標とする「6%前後」の実現はほぼ不可能となっている。

9月単月の輸出の減少幅は前月(5.5%減)より縮小した。中国は8月に人民元相場を切り下げており、税関総署の報道官は13日の記者会見で「元相場の下落によって、輸出にプラスの影響があった」との見方を示した。輸出の減少幅よりも輸入の減少幅が大きくなっているため、9月の貿易収支は603億ドル(約7兆2千億円)の黒字となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン