2019年2月22日(金)

エボラ接触者の追跡調査進む アフリカ3カ国

2014/8/14付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=原克彦】世界保健機関(WHO)は13日、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱について、ギニア、ナイジェリア、シエラレオネの3カ国で接触者の追跡調査が94~98%進んだと発表した。一方、リベリアでは支援が必要だとしている。11日時点の死者数は1069人と9日時点の集計より56人増えた。

感染者数は疑いのある人も含め1975人で、同128人増えた。特にリベリアでの増加が目立った。WHOは数日中に対応計画をまとめ、関係国と共有する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報