/

独外相、北朝鮮に「分別取り戻せ」 ミサイル発射で声明

【ベルリン=共同】ドイツのガブリエル外相は12日、弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対して「思慮分別を取り戻し、国連安全保障理事会の全ての決議を尊重することを求める」と呼び掛ける声明を発表した。

ガブリエル氏は「北朝鮮は2017年に入っても国際法に違反し続けている」と非難。各国と結束して、ミサイル発射への対応を協議する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン