車版サブプライムローン、危機前の水準超え 米で急増

2015/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】米国では、所得の少ない人を対象とする自動車ローンも増えている。米調査会社エクイファクスによると、2014年の貸出額は1400億ドル(約17兆円)で、金融危機前(07年)の水準を超えた。こうした高リスクのローンは好調な自動車販売を下支えしてきたが、すでに返済の遅れが増え始めている。

信用力の低い顧客に向けた貸し出しは「サブプライムローン」と呼ばれる。自動車ローン全体に占…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]