2017年11月20日(月)

中国、南シナ海で「全面敗訴」 九段線も 排他的水域も…
仲裁裁判所が判決

2016/7/12 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ブリュッセル=森本学】国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所が出した12日の判決は、南シナ海のほぼ全域に主権が及ぶとする中国にとって全面敗訴の内容となった。中国が主張する歴史的な権利を一方的で国際法違反だと断定。中国が埋め立てを進めた場所も法的には「島」と呼べず、排他的経済水域(EEZ)などにかかわる海洋権益を主張できないと断じた。

■進出自体に疑問

 中国にとって一番の痛手となったのは、南シナ海のほぼ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

EEZ全面敗訴九段中国南シナ海国連海洋法条約条約仲裁裁判所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報