/

この記事は会員限定です

サウジ、8年ぶり国債発行 原油安が財政圧迫

クウェートなど補助金削減も

[有料会員限定]

【ドバイ=久門武史】世界最大の原油輸出国であるサウジアラビアが2007年以来8年ぶりの国債発行に踏み切った。昨年来の原油安が財政を圧迫し財政赤字に陥っていることに対応する。湾岸産油国ではアラブ首長国連邦(UAE)がガソリンの補助金などを撤廃したほか、クウェートやバーレーンも財政改革に乗り出すなど、原油安の影響が広がっている。

サウジ財務省は11日、200億リヤル(約6600億円)の「政府開発債」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン