習主席、基盤固め一段落 反腐敗運動テコににらみ

2015/6/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=島田学】中国共産党の習近平指導部が11日に党最高指導部経験者の周永康氏に無期懲役という厳罰を下し、反腐敗を名目とした習氏の権力基盤固めは大きな節目を越えた。次の焦点は、最高指導部を大幅に入れ替える2017年の党大会だ。習氏は思い通りの人事を進めるため、引き続き反腐敗運動をテコに党長老や軍にもにらみをきかせる。

「習氏の指示の下、反腐敗闘争と改革を全面的に進めていく」。周氏がかつて影響力を…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]