2019年5月27日(月)

ロシア、リビア関与強める 和平協議の主導権握る狙い

2017/4/12 22:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領が内戦状態にある北アフリカの産油国、リビアへの関与を強めている。統一政府に反旗を翻した有力民兵指導者ハフタル氏を支援し、ロシア主導で和平を進める姿勢を示す。和平成立後の資源権益確保が狙いだ。シリア問題を巡って米欧から批判を受けるなか、中東・北アフリカでの影響力維持を狙う思惑も透ける。

「武力による解決は許されない」。ロシアのプーチン大統領は11日、旧宗…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報