/

「反トランプ」デモ衰えず 参加者、銃撃受け負傷も

【ニューヨーク=共同】米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したことに対する抗議デモは、11日夜から12日朝にかけても米国各地で行われ、西部オレゴン州ポートランドではデモ参加者の男性1人が銃撃を受け負傷した。男性は命に別条はなく、警察当局が銃撃犯の行方を追っている。ロイター通信などが報じた。

デモ参加者らは、交通を妨害したり、催涙スプレーなどで対応する警官隊に物を投げ付けたりした。

ロサンゼルスでは数百人がトランプ氏に反対の声を上げ、交通を妨害。ニューヨークではトランプ氏の住居があるトランプタワー周辺に集結した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン