/

和平合意の履行期限延長も ウクライナ問題でロ大統領

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は12日、2月にウクライナ政府と同国東部の親ロシア派武装勢力が取り交わした和平合意に関し、年末と定めた履行期限の「延長も考えられる」と語った。タス通信などが伝えた。

和平合意を巡っては東部に高度の自治権を与える憲法改正などが遅れ、年内の履行は困難との見方が広がっていた。プーチン氏の発言には和平合意が期限切れで破綻し、欧米の対ロ制裁の強化につながる事態を防ぐ狙いがあるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン