2019年2月16日(土)

トヨタ米投資、自らの成果 トランプ大統領が強調

2017/4/12 11:42
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=兼松雄一郎】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで経済界の重鎮を集めた助言機関「戦略・政策フォーラム」を開いた。トヨタ自動車が10日に米ケンタッキー州の工場に追加投資すると発表したのを受け「政権交代がなければなかった投資だ」と自らの成果だと強調した。法人税を下げ、製造業を復活させるとの考えも繰り返した。

トランプ大統領はこれまでトヨタのメキシコでの工場建設を繰り返し批判し、米国へ投資先を変更するよう強く求めてきた。だが、ケンタッキー州の完成車工場に13億3千万ドル(約1500億円)を追加投資するとの10日のトヨタの発表文には一定の評価を示すコメントを寄せた。今回の発言もあり、トヨタを狙い撃ちする姿勢がやや弱まっていると言えそうだ。

フォーラムでトランプ大統領は「既に60万人近い雇用を短期間で生み出した」と成果をアピールした。また、金融機関への規制緩和によって貸し出しを増やすとの方針も示した。IT(情報技術)業界が要望していた政府系システムの更新投資についても前向きな姿勢をみせた。

米FOXニュースによると会合にはIBMのバージニア・ロメッティ最高経営責任者(CEO)やテスラのイーロン・マスクCEOが参加した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報