/

対北朝鮮、中ロは対話姿勢変えず 韓国は制裁歓迎

【北京=永井央紀、ソウル=鈴木壮太郎】国連安全保障理事会が北朝鮮への新たな制裁決議を採択したことを受け、中国政府は決議に賛同を示す一方、平和的な解決に向けた対話の必要性に改めて言及した。ロシアも対話解決を主張。中ロともに米国などの「圧力路線」には反対する姿勢を改めて表明した。

中国外務省の耿爽副報道局長も12日、制裁決議について「必要な措置を取ることに賛同する」との談話を発表。「北朝鮮は安保理決議を順守し、国際社会の声を尊重して核・ミサイル開発を続けないようにすべきだ」と強調した。

ただ、決議は朝鮮半島の平和安定を維持し、対話による平和的解決を呼びかけていると指摘。「決議が全面的かつ完全に執行されることを望む」として、米国や韓国に情勢をさらに複雑化させる行動を取らないよう求めた。在韓米軍への地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備への反対も改めて強調。「中国は朝鮮半島で戦乱が起きることを決して許さない」とクギを刺した。

中国の劉結一国連大使も採決後、「問題は平和的に解決しなければならない」と強調した。ロシアのネベンジャ国連大使も対話解決を主張した。

一方、韓国政府は12日、決議を「歓迎し、支持する」との声明を発表した。決議を通じて「北朝鮮の無謀で無責任な核開発を決して容認しないという国際社会の強い意思を改めて示した」と評価。北朝鮮に対して「非核化の決断だけが自身の安全と経済発展が保障される道だ」と核放棄を促した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン