/

ユンケル欧州委員長、2期目目指さず 19年秋で退任へ

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は12日、ドイツ公共ラジオのインタビューで、2019年秋の任期満了をもって退任する考えを示した。理由は明らかにしなかったが、2期目へ「立候補しない」と語った。前任のバローゾ委員長は2期10年務めた。

ユンケル氏はインタビューで英国のEU離脱交渉を巡って「英国は大した苦労もなく27カ国を分断できるだろう」と指摘。英国が国ごとに個別に約束を示して加盟国の足並みを崩す懸念があると訴え、英以外の27カ国の結束を改めて求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン