/

この記事は会員限定です

韓国企業、中国で苦境 THAADで「報復」

ロッテ、スーパー縮小検討 現代自、合弁解消報道

[有料会員限定]

【ソウル=山田健一、北京=多部田俊輔】韓国が追加配備した米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)を巡り、これに反発する中国での韓国企業の苦境が一段と深まっている。ロッテグループはスーパー事業の縮小を検討。現代自動車グループは中国メディアによる「合弁解消を検討」との報道で揺さぶられている。中国側による政治的に対立する国の企業への報復ともとれる措置が、事業戦略の見直しを余儀なくし始めた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン