地元で最後の演説、会場は熱狂 オバマ大統領

2017/1/11 23:59
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=鳳山太成】オバマ米大統領がお別れの演説をした会場には地元シカゴの熱狂的な支持者が集まり、ロックコンサートさながらの声援を送った。最後は珍しく感傷的になった「地元の英雄」を観衆は終わらない拍手でたたえた。

 「あと4年!あと4年!」。オバマ氏が冒頭、シカゴに初めて足を運んだ若かりし頃の思い出を語り始めると、客席からは大統領職をもう1期務めてほしいとの掛け声が届いた。オバマ氏は話を中断し「それはできないんだ」と応じても、支持者は願いを叫び続けた。

 一方でトランプ次期大統領の就任が迫っていることに触れると会場からはブーイングが飛んだ。オバマ氏が「ノー、ノー、ノー」となだめ、あくまで正当な権力の移行だと観衆にクギを刺した。

 オバマ氏が涙をぬぐったのは家族への感謝に触れたときだ。ミシェル夫人の名前を呼ぶと、会場はスタンディングオベーションで応えた。「(夫人は)私を、米国を誇るべきものにしてくれた」。2人の娘に話題を移すと、夫人の隣で長女マリアさんの目からも涙がこぼれた。家族の隣に座っていたバイデン副大統領への謝意には「相棒」がウインクしながら照れた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22:30
22:30
東北 22:00
22:00
関東 22:00
22:00
東京 22:05
22:00
信越 21:18
0:14
東海 22:30
22:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 22:00
21:30
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
22:05
21:46

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報