ベトナム、インフラ整備に外資活用 まず南北高速道路

2017/4/12 1:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は高速道路や空港など同国の大型インフラ整備に、海外の民間企業の資金やノウハウを活用する仕組みを導入する。グエン・チ・ズン計画投資相が日本経済新聞の取材に応じ、すでに関連法規制の整備に着手したことを明らかにした。ベトナムは財政難の中、今後10年間で空港、道路、鉄道などに総額で約4000億ドル(44兆円)が必要とみられており、民間企業の参画を促すことで打開したい考えだ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]