2019年6月20日(木)

ミャンマー上下両院、NLD指名の2氏を大統領候補に選出

2016/3/11 19:31
保存
共有
印刷
その他

【ネピドー=松井基一】ミャンマー上下両院は11日、与党、国民民主連盟(NLD)が10日に指名した2候補を大統領候補として正式に選出した。下院がアウン・サン・スー・チー党首側近のティン・チョー氏、上院がヘンリー・ヴァン・ティオ議員。第2党の連邦団結発展党(USDP)も上下両院各1候補を擁立したが、過半数を占めるNLD候補が多数決を通じて選出された。

10日に国会に発足した大統領資格要件を審査する特別委員会も、両候補の大統領資格を認定したもようだ。来週にも今回選出された2候補と、国会議席の4分の1を占める軍人議員団が11日に指名したミン・スエ候補(現ヤンゴン管区首相)の計3候補を対象に、全国会議員による決選投票が行われ、ティン・チョー氏が新大統領に選出される見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報