/

「イスラム国」、石油をアサド政権に売却 米高官指摘

【ロンドン=共同】米財務省高官のアダム・ズービン氏が10日、ロンドンで講演し、過激派組織「イスラム国」(IS)が石油取引で月に約4千万ドル(約49億円)を稼いでいるとの見方を示し、石油の多くがシリアのアサド政権へ売られていると述べた。ロイター通信が伝えた。

ズービン氏は、ISとアサド政権は敵対関係にあるのに「今も数百万ドルの取引に関わっている」と矛盾を指摘。石油の「いくらかの量は国境を越えてトルコにも入っている」と語り、ISへの資金流入を止めるため、トルコに対して国境管理を徹底するよう求めた。

また、ISは石油の闇取引によって、これまでに少なくとも5億ドルを手にしたほか、シリアやイラクの支配地域にある銀行から最大で10億ドルを略奪したと説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン