国連総長に女性擁立の機運 17年就任予定、総会が決議採択

2015/9/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連で2016年末に任期を終える潘基文(バン・キムン)事務総長の後継に、初の女性事務総長を誕生させようという機運が高まってきた。11日の総会で、次期事務総長に女性を擁立するよう加盟国に求める決議を採決した。安全保障理事会が事実上決定し、総会は追認するだけだった事務総長の選出過程も一部透明化し、米中ロなど5つの常任理事国の強大な影響力に歯止めをかける。

8人の歴代事務総長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]