/

この記事は会員限定です

新興国投資じわり再開 資源高、株・債券に資金

[有料会員限定]

【ロンドン=黄田和宏】世界の投資家が新興国の株式や債券への投資を再開し始めている。ロシアやブラジルなどに投資する新興国ファンドへの資金流入が続き、2月中旬には半年ぶりの高水準を記録した。世界的な景気回復や原油など資源価格の持ち直しを背景に、投資家はトランプ米政権の誕生を機に浮上した過度に悲観的な見方を修正している。ただ、同政権の政策には懸念が残り、直接投資も含めて新興国へのマネー流入が本格的に回復...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン