/

6月穀物需給、米国産小麦の生産見通し引き上げ 米農務省

【シカゴ=野毛洋子】米農務省は10日発表した6月の穀物需給で、米国産小麦の2015~16年度(期末は5月末)の生産見通しを21億2100万ブッシェルとし、前月比で3400万ブッシェル増やした。カンザス州など冬小麦産地の降雨が増産に寄与した。期末在庫は2100万ブッシェル増の8億1400万ブッシェルと5年ぶりの高水準になるとした。

ロシアとウクライナの小麦生産見通しも引き上げた。世界の期末在庫推定は輸出増により2億240万トンと90万トン減ったが、6年ぶりの高水準を維持した。米国のトウモロコシ期末在庫推定は17億7100万ブッシェルと2500万ブッシェル増。大豆は2500万ブッシェル減の4億7500万ブッシェルだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン