/

「北朝鮮の脅威、新たな段階に」 日米議連が一致

【ワシントン=永沢毅】超党派の日米国会議員連盟(会長・中曽根弘文元外相)は10日、ワシントンでの訪米日程を終えて記者会見した。米国の上下両院議員や政府高官との会談で、弾道ミサイルの発射など挑発行為を続ける北朝鮮について「脅威が新たな段階に入っている」との認識で一致した。議連メンバーの中谷元・前防衛相が明らかにした。

中谷氏によると、日本政府が発表した自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)撤収を巡り、米側のシンクタンク研究員から「なぜ撤収したのか」との質問があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン