2019年9月23日(月)

米、同盟国関係の継続求める 朴大統領の失職巡り

2017/3/10 20:59
保存
共有
印刷
その他

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免には各国から反応が相次いだ。同盟国として建設的な関係継続を求めた米国に対し、中国は地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備を撤回させたい思惑をにじませた。

米国務省のトナー報道官代行は9日に発表した声明で「誰が次の大統領に選ばれても、米国は建設的な関係の構築を期待する」と表明した。「米韓両国は揺るぎない同盟国、友人、パートナーであり続ける」として「韓国の国民の決断を尊重する」との立場を示した。

中国外務省の耿爽副報道局長は10日の記者会見で「弾劾は韓国内部のことでありコメントしない」とした上で、「THAAD配備には明確に反対する。この立場は不変だ」と強調。耿氏は中国は韓国にとって最大の貿易相手国であり、対外投資先であると指摘し「中韓両国の協力という大局に重きを置いて、配備を停止するよう忠告する」と主張した。THAAD配備が経済関係にも影響する可能性をにじませた。

中国外務省はかねてTHAAD配備に「必要な措置をとる」と明言している。すでに韓国ロッテが中国で展開するスーパーの一部が当局によって営業停止処分を受けるなどの動きが出ており、報復措置と受け取られている。経済的な圧力をかけ、韓国の次期政権に配備撤回を迫る考えとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。